スロット全盛期とも呼ばれる4号機時代では爆裂AT機が流行しました。

全盛期(4号機時代)

お金持ちの人形

スロットは大きく0~6号機までの7世代に分類されていますが、長い歴史の中で全盛期と言えるのは4号機時代でした。
4号機は1992年に登場して2005年に5号機へ切り替わるまで製造されていたスロット機の総称で、4号機が登場するタイミングで3号機の裏モノが撤去されています。
なぜ4号機はパチンコの全盛期を築けたのか?人気の秘密を徹底解説いたします。

 

4号機の特徴

4号機時代の主な検定内容は次の通りです。

 

  • リプレイ機能の追加
  • 小役やボーナスを告知できる
  • 小役、シングルボーナスのフラグ持ち越し禁止
  • 完全確率方式義務化の撤廃
  • 期待値方式のビッグボーナス(払出枚数が変化する大当たり)
  • メーカーへの販売機種数制限撤廃

 

規制強化のポイントになったのはリプレイ機能の追加で、3号機よりもコイン持ちが向上しました。
この他にも規制強化で締め付けられた部分はありますが、全体的に3号機より自由度が高まり、射倖性の高いスロット機を開発できるようになりました。
その後、4号機はCT機やST機の影響でブームに拍車がかかり、4号機時代の後半にかけてそのピークを迎えます。

 

ゲーム性の向上

数台並ぶパチンコ

4号機の初期に大ヒットした機種が「ニューパルサー(山佐)」です。
4号機ならではの機能であるボーナス告知を1,000種類以上のリーチ目で演出したことや、大当たり図柄を7ではなくカエル柄で表現した斬新さが評価され、スロット機では史上初の10万台導入の実績を残しました。
ちなみに5号機の看板機種であったミリオンゴッド神々の凱旋で全国設置台数が約65,000台です。

 

4号機が導入された当初は広いスロットコーナーを置くホール自体が少なく、当時のスロットはニューパルサーの独占状態になっていました。
さらに4号機ではビッグボーナス中のリプレイ外しなど技術介入要素が追加され、リーチ目からボーナスを読み解くことや、少しでも獲得メダルを増やす楽しみが増えたことにより、急激に人気に拍車がかかりました。

 

幅広い進化を遂げた4号機

4号機時代は規制が緩かったことに加え、液晶パネルの普及・進化によって業界に劇的な変化をもたらしました。

1998年 CT機登場(※1)
2000年 4.1号機時代になり液晶画面搭載、大量獲得が可能(BIG最大711枚など)、AT機能登場(※2)、ST機登場(※3)
2002年 1G連やボーナス高確率当選状態を搭載(4.5号機)

※1.解析&目押しで純増0.9~1.0毎程度の状態を維持して次のボーナスを獲得できる)
※2.押し順ナビなどで小役成立をアシストする
※3.次回ボーナス獲得までリプレイが揃いやすくなる

 

4号機は2000年の4.1号機登場のキッカケになった拡大解釈によって転機を迎えます。
最大711枚獲得が可能。さらに1G連などが認められるようになったことで初代吉宗などの爆裂機が増え、万枚を獲得できる確率が大幅に向上しました。
また、2000年に登場した初代・獣王をきっかけに、ボーナスではなくATのみの大量獲得が可能になる爆裂AT機が人気を集めます。

 

スロットが社会現象に

初代獣王が登場した2000年から初代北斗の拳が発売された2003年あたりまでが、スロット業界全盛期でした。
この頃はスロット専門店が増加し、閑散なホールを滅多にみかけないほど各ホールが賑わっていました。ホールは軒並み営業時間前から入場待ちの行列を作っていたのです。
しかし、社会現象と呼ばれるほどのブームでギャンブルに手を出す人の増加が問題視され、厳しい規制を敷かれるキッカケになった一面があります。その規制が4号機時代を一気に終焉へと向かわせました。